fc2ブログ
道端の小さな命
2006 / 04 / 18 ( Tue )
今日は、朝早くに、
自転車でフラフラ出発しましたので、
幼稚園のバスを待つ親子の姿を見ました&emojiface_glad;

元気の良い子、泣いてママに抱っこされてる子、
みんな可愛かったです&emojiface_glad2;
幼稚園でたくさん遊んでおいで~と、
心の中で、エールを送りました。

しばらくフラフラ走っておりましたら、
じいちゃんと3歳くらいの男の子をみました。

じいちゃんは、コンビニの袋らしきものさげて、
男の子は、じいちゃんに買ってもらったと思われる
お菓子を食べながら、歩いていました。

じいちゃんは、かなりヨタヨタしたじいちゃんで
役所のおじさんが履いている、
スリッパみたいな草履をペタペタとならしながら
隣の小さな孫のパーカーのフードをつかんで歩いていました。

なんだか、私、
その姿をみて、目頭と、鼻ン中が、キューッっと熱くなって、
ジワ~っと涙なぞ出てしまいました&emojiface_tear;

小さな子どもが悲しい事件に巻き込まれていたり、
愛されるべき人から愛してもらえず、冷たくなってしまったり、

あまりにも悲惨な出来事が多くて、
じいちゃんと、男の子の後姿を見送りながら、
心の中で、エールをおくりました。

すくすくと育ち、心の大きな大人になりますように・・・

じいちゃんの愛をうらぎりませんように・・・

子どもを守れる大人が増えますように・・・

全ての子どもたちに、やさしい日本になりますように・・・

全ての子どもたちに、未来のある世界になりますように・・・



ティッシュ持っててよかったよ・・・というお話でした。
画像は、帰り道にとった道端の雑草とありんこです。
スポンサーサイト



08 : 22 | 旧ブログ記事 | コメント(0) | page top↑
<<もれなくもらえますの&emojiface_heart; | ホーム | とったど~&emojifinger_one;>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |