fc2ブログ
ツレがうつになりまして。
2007 / 06 / 15 ( Fri )
ツレがうつになりまして。

ツレがうつになりまして。 
細川 貂々
幻冬舎


読んでよかった、本当にそう思いました。

面白かった・・・
うつ病をテーマにした本に、
適した表現ではないけれど。

知っていたつもりでも、
漠然とした知識だけで、
ちゃんと理解はしていなかったし、
理解するための手段も、なかったように思います。


作者のテンテンさんの旦那さん(ツレさん)が、
ある日うつ病になってから、
回復していく姿を、描いたお話ですが、

貂々さんの、可愛らしい軽いタッチの漫画が、
重い事実をサラリと伝えてくれ、
ひとつひとつ、しっかりと胸に刻まれていく感じ。

ツレさんが書いた、「ツレのつぶやき」の中には、
泣かされるようなエピソードもあり、
ツレさんと、そして妻であるテンテンさんが、
どれだけの思いを抱えて、
病と向かい合ってきたのかがうかがえます。


うつ病は、5人に1人がかかるとも言われているそうです。
この本を読んだことで、誰かの「心の風邪」を、
治してあげられるとか、
力になってあげられるとか、
そんなことを学んだわけではないけれど、

見えない痛みを、
少しでも、わかってあげられたらと思う。

それでもきっと、
何もしてあげられないんだろうけど・・・





スポンサーサイト



18 : 24 | | コメント(6) | page top↑
| ホーム |